2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー「開催日程」の記事

2018年2月12日 (月)

東京2月の会が終了いたしました

皆様

本日からまた豪雪に見舞われておられます地方の方々に、これ以上のお障りがございませんように、心よりお祈り申し上げます。
おかげさまで昨日2月11日に、東京 靖国神社様での横浜和の会様との共同開催となります「東京ひふみのつどい」を無事に終了させていただきました。
春を感じさせる陽気の中、30名程度の皆様にご参加いただくことができました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
建国記念の日(皇紀2678年にあたります)という事で、皆様で「天壤無窮の神勅」を音読させていただきました。これは『日本書紀』の天孫降臨の段で天照大神が孫の瓊瓊杵尊らに下された3つの神勅(三大神勅)のうちの一つです。


≪天壌無窮の神勅≫

豊葦原(とよあしはら)の千五百秋之瑞穂(ちいほあきのみづほ)の国(くに)は、是(こ)れ吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たる可(べ)き地(くに)なり。宜(よろ)しく爾皇孫(いましすめみま)就(ゆ)きて治(しら)せ。行矣(さきくませ)、寶祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、當(まさ)に天壌(あめつち)と無窮(きはまりな)かるべし。

【口語訳】 豊に生い茂るあの瑞々しい聖なる国は、これ我が子孫が代々治めるべき地である。我が子よ、行って治めなさい。さあ、お行きなさい。お前達のその王たる御位は、天地と共に永遠に栄える事でありましょう。

(西野神社様のホームページから引用させていただきました)

東京の次回は少し先になりますが、7月7日(土)靖国神社様での開催となります。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

2018年2月11日 (日)

本日は東京2月の会の開催日です

皆様

本日2月11日は建国記念の日。昔の紀元節です。東京地方はおだやかな天気に恵まれ、日中は3月の陽気となりそうです。
そして、本日の13時から靖国神社様にて、今年初めての「東京ひふみのつどい」が開催されます。
12時30分からの受付となっておりまして、事前のお申し込みも不要ですので、ぜひ、お気楽にお越しください。
皆様方のお越しをお待ちいたしております。

この国旗は出雲大社様で数年前に撮影したものです。畳何十畳もの大きさだそうです。
靖国神社様でなくて申し訳ありません。

Izumoflg


2018年2月 6日 (火)

東京2月の会が近づいてまいりました

皆様

本当に寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
日本海側を中心に大雪となっており、被害が広がっています。まだ、明日も雪が続くという事です。
豪雪に見舞われておられる皆様にこれ以上のお障りがありませんようにお祈りいたしております。

私事で恐縮ですが、先週はベトナムに出張に行っており、日曜日に帰ってきたのですが、日本の寒さに「冬バテ」してしまいました。ベトナムに行くときの「夏バテ」には気を使っており、長風呂などで身体を鍛えて(?)いったためか、何ともなかったのですが、帰国後のあまりの寒さに震えが止まらず、インフルエンザに罹ったのではないかと心配しました。熱は全く出なかったのですが、一日カイロにくるまってストーブの前に座っていました。

前置きが長くなりましたが、次の日曜日、2月11日は「東京ひふみのつどい」の開催日です。今回も横浜の和の会様との共同開催となります。
靖国神社さまでの正式参拝がございますので、時間にお遅れになりませんようにお願いいたします。
祝日である建国記念の日ですので「天壌無窮の神勅」を皆様と音読させていただこうと考えております。


【2月ひふみのつどい(東京・横浜合同会) 開催詳細】

 ※事前のお申し込みは不要でございます。

■開催日:平成30年2月11日(日・祝)
■開催場所:靖国会館 「階行 東の間」 (靖国神社内) 
       地図はこちらから↓
      http://www.yasukuni.or.jp/access.html
■式次第(予定)
 12:30~13:00 受付(時間厳守)
 13:00~13:15 参集殿に移動(全員で)
 13:30~14:00 昇殿参拝
 14:00~16:00 勉強会

■会費:2,000円

■注意事項
①受付開始は12時30分からです。13時までにお集まりください。
  13時過ぎには参集殿に移動を始めます。
  時間厳守となっておりますのでよろしくお願いいたします。
②昇殿参拝は、スーツまたはスーツに準ずる服装でお願いします。
  男性はできればネクタイ着用のこと。
  男女共に、ジーンズなどの軽装はご遠慮ください。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年12月17日 (日)

1月大阪の会中止のご連絡

皆様

先日、ご連絡させていただいてから間もありませんが、種々の都合により大阪1月の会を中止させていただく事になりました。
ご予定いただきました皆様、本当に申し訳ございません。
来年の大阪ひふみのつどいの第1回は3月17日(土曜日)となります。
誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

平成30年(2018年)の大阪ひふみのつどい開催日程は以下のようになります。

3 月17日(土)
5 月20日(日)
9 月 8日(土)
11月18日(日)

2017年12月 4日 (月)

東京12月の会が終了いたしました

皆様

この前の土曜日(12月2日)、靖国神社様での「東京・横浜合同のひふみのつどい」を無事に終了させていただきました。
今年最後の「ひふみのつどい」でしたが、35名の方々にご参加いただくことができました。
ご参加くださいました方々、本当にありがとうございました。

快晴に恵まれ境内のもみじが紅葉真っ盛りでした。
初めに全員で昇殿参拝をさせていただき、その後、会場に戻って、大きな日の丸の前で

大祓詞 奏上
いろは・ひふみ祝詞 奏上
国歌「君が代」 斉唱
ひふみともこ先生のお話

という順番で進めさせていただきました。
ひふみともこ先生のお話の内容は、先日の大阪の会と同様「平等」についてでした。

これにて本年の「ひふみのつどい」はすべて終了させていただきました。

来年となりますが、東京の会は
2月11日(日)
7月7日(土)
も同様に靖国会館での開催を予定しております。

来年も皆様のご参加をお待ちいたしております。

2017年11月26日 (日)

今週土曜日は東京ひふみのつどい開催日です

皆様

今週の土曜日(12月2日)は東京ひふみのつどいの開催日です。
今回は横浜の和の会様との共同開催となります。
特に事前のお申し込みは不要でございますが、靖国神社様での正式参拝がごさいますので、下記の時間に合わせてお越しくださいますようお願いいたします。

寒くなってまいりましたが皆様のお越しをお待ちいたしております。

【12月ひふみのつどい(東京・横浜合同会) 開催詳細】

■開催日:平成29年12月2日(土)
■開催場所:靖国会館 「階行 東の間」 (靖国神社内) 
       地図はこちらから↓
      http://www.yasukuni.or.jp/access.html
■式次第(予定)
 12:30~13:00 受付(時間厳守)
 13:00~13:15 参集殿に移動(全員で)
 13:30~14:00 昇殿参拝
 14:00~16:00 勉強会

■会費:2,000円

■注意事項
①受付開始は12時30分からです。13時までにお集まりください。
  13時過ぎには参集殿に移動を始めます。
  時間厳守となっておりますのでよろしくお願いいたします。
②昇殿参拝は、スーツまたはスーツに準ずる服装でお願いします。
  男性はできればネクタイ着用のこと。
  男女共に、ジーンズなどの軽装はご遠慮ください。

2017年11月13日 (月)

大阪11月の会が近づいて参りました

皆様

日に日に冬に向かっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
最低気温も10度を切ろうとしている気候の中、なぜか我が家ではブーゲンビリアが咲いています。
夏の間は元気がなく、このまま枯れるのではないかと心配していたのですが、なぜか元気です。

Bougainvillea

隣の鉢は赤のブーゲンビリアなのですが、こちらは夏と変わらずお休み状態です。
どちらがおかしいのか、よくわかりません・・・・・

さて、次の日曜日、11月19日は大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」の開催日です。
いつものように13時半ころ開場、14時から正式参拝となります。

今年最後の大阪の会なのですが、ひふみ先生が早めに東京に戻られますので、申し訳ありませんが16時15分には閉会とさせていただきたく存じます。
それに伴い、今回も直会はなしとさせていただきます。

それでは、皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年11月 5日 (日)

東京12月の会の詳細が決定いたしました

皆様

急激に朝晩は冷え込んできておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
大変遅くなりましたが12月の東京の会の詳細が決まりましたのでご連絡させていただきます。

【12月ひふみのつどい(東京・横浜合同会) 開催詳細】

■開催日:平成29年12月2日(土)
■開催場所:靖国会館 「階行 東の間」 (靖国神社内) 
       地図はこちらから↓
      http://www.yasukuni.or.jp/access.html
■式次第(予定)
 12:30~13:00 受付(時間厳守)
 13:00~13:15 参集殿に移動(全員で)
 13:30~14:00 昇殿参拝
 14:00~16:00 勉強会

■会費:2,000円

■注意事項
①受付開始は12時30分からです。13時までにお集まりください。
  13時過ぎには参集殿に移動を始めます。
  時間厳守となっておりますのでよろしくお願いいたします。
②昇殿参拝は、スーツまたはスーツに準ずる服装でお願いします。
  男性はできればネクタイ着用のこと。
  男女共に、ジーンズなどの軽装はご遠慮ください。

今回のひふみのつどいは横浜「和の会」様との合同で実施させていただきます。
また、来年となりますが
2月11日(日)
7月7日(土)

も同様に靖国会館での開催を予定しております。

初めての試みとなりますので、何かと不備はあるかもしれませんが、皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年10月24日 (火)

大阪ひふみのつどい来年の日程

皆様

超大型の台風21号がまた日本列島に大きな傷跡を残していきました。私は出張で東京にいましたので、夜中の雨を除けばあまり台風を実感することはありませんでしたが、大阪でも大和川の氾濫の可能性があるとの事でエリアメール受信の音が鳴り響いていたとの事です。被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、来年の「大阪ひふみのつどい」の開催日程が決まりましたのでお知らせさせていただきます。

平成30年(2018年)大阪ひふみのつどい開催日程

1 月 6日(土)
3 月17日(土)
5 月20日(日)
9 月 8日(土)
11月18日(日)
(7月は暑い盛りとなりますので、来年度は開催を見送らせていただきます。)

場所はいずれも今年と同じ難波神社様となります。
また、開始時刻も変わらず、14時からとさせていただきます。

それでは来年も皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年9月 7日 (木)

大阪9月の会が終了いたしました

皆様

おかげさまでこの前の日曜日(9月3日)、大阪 難波神社様でのひふみのつどいを無事に終了させていただきました。すこし秋めいたお天気の中、15名の方々にご参加いただく事ができました。本当にありがとうざごいました。

次回の大阪ひふみのつどいは11月19日(日)に開催させていただきます。次回が本年最後の大阪開催のひふみのつどいとなります。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

今回のひふみともこ先生のお話は「 霊格と人格について」でした。
教材の内容につきましてはこちら↓からどうぞ。
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-c4b3.html

<ひふみともこ先生のお話の要約はここから>

【第1部】 霊格と人格について

最初の数行は普遍的な神様の祈りが書いてあります。人類だけではなく、地球の上にあるありとあらゆるものが豊かで、平和に過ごせますように、天に祈りをささげなさい、という神様の祈りです。

人はみんな神様からの分け御霊をお預かりしている存在です。自分の命は神様からいただいたもの=自分の物ではありませんので、神様から預かっているものを汚してはいけないのです。逆の言い方をしますと、それをお預かりした時よりも輝かすこともできますし、お預かりした時よりの何倍も輝かせてお返しすべきものなのです。
「格」というのは位というか、高さを意味する言葉です。霊格というのは過去に何度も生まれ変わって積み上げてきた修行の結果なのです。

神への奉仕というと、神職の方のように神社に勤めることが頭に浮かびますが、それだけではありません。地球、自然、あらゆるもの全てが幸せであるように祈って行くことが、神様への奉仕となります。どのような奉仕をするのか、その約束が「命(みこと)」なのです。その約束は、現世に生まれてくる前に約束してくるものです。
それがその「現世」での修行となり、結果的に前世、過去世で積んだ修行となります。
あの世でも修行を行って、それが霊格の高さにつながってきます。
「霊格」があるというと人間は自分はどのくらいの場所にいるんだろう、とかどうやって測ればいいんだろう、などと考えてしまいますがそれは無駄な事です。

人格は、あくまで人間界で人に奉仕して、人間が判断する基準です。人間界でいくら「あの人はすばらしい」と言われても、それだけでは霊格はあがらないという事です。
科学が進歩して、人間界ではすばらしい功績だと言われても、それが実は自然の摂理に背くようなことであれば、神様のご意図に沿わない事もあるのです。
若くして亡くなった人がいて、その人の「生」は短くても、それは神様の目からみれば、そのご意図があると考えなくてはならないのでしょう。
人間は生きている間がすべてで、死んだら何も残らない、という考えに陥りがちです。しかし、霊の修行はずっと続いていくものなのです。「人格」は赤ちゃんとして生まれた時から0から形成してゆくものなのですが、「霊格」はそうではなく、これまでの過去世でずっと続いていますし、これからも磨き続けていくものなのです。
人間の世界では成功であっても、神様のご意図に沿っていないと思われる人も多数おられます。人の世界では成功者として富や名誉を得ていても「神や仏はいない」と言い切る人よりも、神様などに対して敬虔な人の方が結局は人間界でも人に好かれるのではないでしょうか。

より以前の記事一覧