2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー「開催日程」の記事

2017年9月 7日 (木)

大阪9月の会が終了いたしました

皆様

おかげさまでこの前の日曜日(9月3日)、大阪 難波神社様でのひふみのつどいを無事に終了させていただきました。すこし秋めいたお天気の中、15名の方々にご参加いただく事ができました。本当にありがとうざごいました。

次回の大阪ひふみのつどいは11月19日(日)に開催させていただきます。次回が本年最後の大阪開催のひふみのつどいとなります。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

今回のひふみともこ先生のお話は「 霊格と人格について」でした。
教材の内容につきましてはこちら↓からどうぞ。
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-c4b3.html

<ひふみともこ先生のお話の要約はここから>

【第1部】 霊格と人格について

最初の数行は普遍的な神様の祈りが書いてあります。人類だけではなく、地球の上にあるありとあらゆるものが豊かで、平和に過ごせますように、天に祈りをささげなさい、という神様の祈りです。

人はみんな神様からの分け御霊をお預かりしている存在です。自分の命は神様からいただいたもの=自分の物ではありませんので、神様から預かっているものを汚してはいけないのです。逆の言い方をしますと、それをお預かりした時よりも輝かすこともできますし、お預かりした時よりの何倍も輝かせてお返しすべきものなのです。
「格」というのは位というか、高さを意味する言葉です。霊格というのは過去に何度も生まれ変わって積み上げてきた修行の結果なのです。

神への奉仕というと、神職の方のように神社に勤めることが頭に浮かびますが、それだけではありません。地球、自然、あらゆるもの全てが幸せであるように祈って行くことが、神様への奉仕となります。どのような奉仕をするのか、その約束が「命(みこと)」なのです。その約束は、現世に生まれてくる前に約束してくるものです。
それがその「現世」での修行となり、結果的に前世、過去世で積んだ修行となります。
あの世でも修行を行って、それが霊格の高さにつながってきます。
「霊格」があるというと人間は自分はどのくらいの場所にいるんだろう、とかどうやって測ればいいんだろう、などと考えてしまいますがそれは無駄な事です。

人格は、あくまで人間界で人に奉仕して、人間が判断する基準です。人間界でいくら「あの人はすばらしい」と言われても、それだけでは霊格はあがらないという事です。
科学が進歩して、人間界ではすばらしい功績だと言われても、それが実は自然の摂理に背くようなことであれば、神様のご意図に沿わない事もあるのです。
若くして亡くなった人がいて、その人の「生」は短くても、それは神様の目からみれば、そのご意図があると考えなくてはならないのでしょう。
人間は生きている間がすべてで、死んだら何も残らない、という考えに陥りがちです。しかし、霊の修行はずっと続いていくものなのです。「人格」は赤ちゃんとして生まれた時から0から形成してゆくものなのですが、「霊格」はそうではなく、これまでの過去世でずっと続いていますし、これからも磨き続けていくものなのです。
人間の世界では成功であっても、神様のご意図に沿っていないと思われる人も多数おられます。人の世界では成功者として富や名誉を得ていても「神や仏はいない」と言い切る人よりも、神様などに対して敬虔な人の方が結局は人間界でも人に好かれるのではないでしょうか。

2017年8月30日 (水)

大阪9月の会が近づいて参りました

皆様

まだ8月なのですが、小学校も始まっているようですね。
うちの近くの小学校から元気のいい子供たちの声が聞こえるようになりました。
朝は、いつの間にか蝉から虫の声に変わっています。
まだ、暑いですが少しずつ秋は近づいているようです。

さて、次の日曜日、9月3日は大阪 難波神社様でのひふみのつどいの開催日です。
13時半開場、14時より正式参拝、終了は17時前の予定です。
いつもは終了後に簡単な直会を行なわせていただいておりますが、今回はひふみ先生のご都合で直会は中止させていただきます。
楽しみにされていらっしゃる方々には大変申し訳ありません。

では、皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年7月 9日 (日)

大阪7月の会が終了いたしました

皆様

おかげさまで昨日(8日)、大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」を無事に終了させていただきました。梅雨のさなかで、お天気が気になっていたのですが、逆に暑いくらいの一日で、14名の方々にご参加いただく事が出来ました。
本当にありがとうございました。

次回の「大阪ひふみのつどい」は9月3日(日曜日)の開催となります。
曜日がいつもと異なりますのでご注意ください。

昨日の教材は「霊的能力について」↓でした。

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-429c.html

ひふみともこ先生のお話の内容につきましては、後日、本ホームページにアップさせていただきますので、今少し、お時間をいただけますようお願いいたします。

2017年7月 6日 (木)

大阪7月の会が近づいてまいりました

皆様

今回の山陰、九州の大雨の被害に会われました方々に心よりお見舞い申し上げます。
まだ、雨は続きそうだと報道されています。
これ以上のお障りがありませんように、お祈りいたしております。

実は、私も4日、5日と島根県に出張しており、浜田市からの高速バスや鉄道が運休となったため、2日がかりで自宅まで戻ってきました。
今は自宅で全国版のニュースから情報を得ているのですが、ローカル放送ではずっと河川の氾濫や土砂崩れのニュースが流れており、人間の無力さをひしひしと感じました。

さて、今週の土曜日(7月8日)は大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」の開催日です。
いつものように13時30分頃開場、17時ころ終了の予定です。
当日の教材は事務局でプリントを準備しておりますので、特にお持ちいただくものはございません。申し訳ございませんが、会場費と正式参拝のお玉串料として2,000円をいただいております。
今のところ、お天気は小康状態という予報ですが、急変することもございますので、皆様ご無理をなされませんように。
それでは、当日、会場にてお待ちいたしております。

2017年5月14日 (日)

大阪5月の会が終了いたしました

皆様

昨日(5月13日)、難波神社様での「大阪 ひふみのつどい」を無事に終了させていただきました。午前中はかなりの雨が降っていたのですが、午後からはなんとかお天気も回復し、富山、香川など遠方からのご参加を含め、17名の方々にご参加いただくことができました。
本当にありがとうございました。

前半は「いろは・ひふみの奏上について」、後半は5月の歌として「背比べ」、また日本の言葉のお勉強として「候(そうろう)文」についてひふみ先生からお話をいただきました。
内容につきましては、後日アップさせていただきます。

大阪の次回は7月8日(土曜日)となります。
まだ、梅雨は明けていないとは思いますが、皆様のご参加をお待ちいたしております。

2017年5月 9日 (火)

大阪5月の会が近づいてまいりました

皆様

ゴールデンウィークも終わり、余韻に浸る間もなく、早くも仕事モードに戻られた方もいらっしゃると思います。まあ、毎年ながらこの季節はきついですね・・・・・

さて、今週土曜日(5月13日)は大阪、難波神社様での大阪ひふみのつどいの開催日となります。
いつものように、13時30分頃開場、17時ころの終了となります。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年3月20日 (月)

大阪3月の会が終了いたしました

皆様
おかげさまで昨日(3月19日)、大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」が終了いたしました。
お天気にも恵まれ、初めてご参加いただく方3名を含む16名の方々にご参加いただきました。本当にありがとうございました。
次回の「大阪ひふみのつどい」は5月13日(土曜日)となります。
皆様のお越しをお待ちいたしております。
昨日のひふみ先生のお話の内容は後日、掲載させていただきます。
今週はまるまる海外出張で(実は今、この文章も海外で打っています)まとめができそうにありません。でも、内容を忘れないうちにまとめなければ・・・・・

2017年3月16日 (木)

大阪3月の会が近づいてまいりました

皆様

次の日曜日、3月19日は大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」開催日となります。
いつものように13時30分ころ開場、14時より正式参拝となります。
申し訳ありませんが、会場費と正式参拝のお玉串料として、会場で二千円をいただいております。
17時には終了の予定で、今回は終了後に、心斎橋近辺でひふみともこ先生を囲んでの簡単な直会をさせていただく予定です。よろしければこちらにもご参加ください。

本日時点での天気予報ではいいお天気となりそうです。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

2017年2月12日 (日)

東京・大阪の会が終了いたしました

皆様

ご報告が大変遅くなりましたが、
1月28日(土)に大阪 難波神社様での大阪ひふみのつどい が
2月4日(土)に東京 江東区古石場文化センターでのひふみのつどい が
たくさんのご参加をいただきまして終了いたしました。
ご参加いただきました方々、本当にありがとうございました。

次回の大阪の会は3月19日(日)に難波神社様で開催させていただきます。
東京の会は日時、場所ともに未定ですので、決まり次第、本ホームページにてご連絡させていただきます。

このところ、すごい勢いでご本のお申し込みをいただいております。
現在、「続神誥記」の在庫があと2冊となってしまいました。「神から人へ(上・下)」「神誥記」につきましてはまだ、10冊以上在庫がございます。

本日は先ほど福井の出張からもとってきたのですが、この週末は数年に一度の豪雪という事でした。「なぜ今日来たのか?」と仕事先の工場の人から何度も聞かれました。よりによって、半年間かけて実施してきたプロジェクトの完工日が、豪雪と重なるなんて・・・・・

福井市では25cmの積雪という事でしたが、こんな感じでした。

Yuki_20170211
踏み固められていないところでは、足が膝あたりまで入り込んでしまいます。
寒かったので、写真はこれでおしまいです。
家に帰ると大学生の息子に「楽しかった?」と聞かれましたが、そういわれてみれば大変でしたが、テンションは高かったので、なんとかハイという状況だったのかもしれません・・・・・



2017年1月23日 (月)

大阪1月の会が近づいてまいりました

皆様

今週の土曜日(1月28日)は大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」の開催日です。
いつものように13時半ころ開場、14時より正式参拝となります。終了は16時半から17時の間となります。会費は正式参拝のお玉串料を含めまして、二千円となっております。開催場所は事務所のある建物の会議室となります。案内が上がっておりますので、それに従ってお越しください。

当日の教材はプリントを準備しておりますので、特にお持ちいただくものはありませんが、ひふみともこ先生のご本をお持ちいただきますと、先生にサインをいただけます。
今回は申し訳ありませんが、都合により、ひふみともこ先生のご本の販売はございません。

ひふみのつどいにつきましては前もってのお申し込みは不要でございます。ご都合がよろしければ、お気楽にお訪ねください。
それでは皆様のお越しをお待ちいたしております。

より以前の記事一覧