2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー「ご連絡」の記事

2017年7月22日 (土)

皆様

梅雨明けしたとたん、猛暑がやってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

さて、先月もご紹介をいたしましたが、国際派日本人
養成講座のブログ執筆者、伊勢雅臣さんがひふみともこ先生のところで
非常勤講師としてお話をされることになったとの事です。
本日から数回にわたり、その内容を掲載させていただきます。
ご興味をお持ちの方は、リンクよりご覧ください。

=================================================================

■■ Japan On the Globe(1014)
■■ 国際派日本人養成講座 ■■

  Common Sense: 慰安婦プロパガンダには国際法で
反撃できる

「平和の回復後も、『歴史認識』問題を振りかざす
中国と韓国の行為は、国際社会のルール違反である」
■転送歓迎■ H29.07.09 ■ 51,143 Copies
■ 4,379,607Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


■1.「前政権での日本との慰安婦合意は受け入れられていない」

ドイツ・ハンブルグでの20カ国・地域(G20)首脳会議に
出席している安倍首相は、7日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)
大統領と会談したが、あらためて慰安婦問題に関する日韓合意が
くすぶり続けている様が見てとれた。

文氏は大統領選前は、日韓合意の無効や再協議を主張してきたが、
就任後は「再協議」は公言せず、「前政権での日本との慰安婦
合意は韓国人、特に被害者(元慰安婦の女性)に受け入れられて
いない。彼女たちは合意に反対している」などと語ったと
報じられている。

今回は「慰安婦問題が関係発展の障害となってはいけない」
とだけ語ったようで、日本政府が一貫して政府合意を守れ、
と主張しているのに対し、じりじりと後退を続けている。
支持者の手前、強い態度を見せたい一方で、経済・防衛問題で
これ以上、日本政府との関係をこじらせたくない、
というジレンマに陥っているようだ。

日韓合意の問題は、国家間の約束とはどのようなものか、
国際法の諸原則を理解する上での良い演習テーマである。
これを次のような企業間の契約になぞらえて、考えて見よう。

A社の製品をB社が販売する、という契約が成立し、
A社はB社に10億円分の商品を渡した。しかし、
B社の社長が替わり、「前社長が結んだ契約に、社員は
反対している」から、再交渉が必要だ、などと
言い出したとしたらどうだろう。

A社は再び、B社と交渉し直す必要があるのだろうか?
あるいは「B社が契約を守らないなら、ご破算にして
損害賠償請求する」と言うべきだろうか?


■2.政権が替わったら、国家間の合意もご破算にできるのか?

まず文氏の発言で引っかかるのは「前政権での日本との
慰安婦合意」という言い方だ。会社間の契約とは、
会社と会社の契約であって、A社社長とB社社長との
個人的契約ではない。会社間の契約だからこそ、
社長が代替わりしても、その契約は引き継がれる。

企業は「法人」であって、社長という「個人」とは
別個の存在である、というのは、近代的な法律原則で
あって、近代以前の人々にはなじみのない考え方だ。

たとえば、B社が前近代的な個人商店だったら、内部の
勢力争いに勝った新社長が「前社長は追放した。
前社長のなした約束には縛られない。文句を言うなら、
前社長に言ってくれ」と言う事もできよう。
文在寅大統領の「前政権での日本との慰安婦合意は」
という言い方は、そんな前近代的意識が感じられる。

しかし、契約が社長個人の間のものだけだと、社長が
代替わりするたびにすべての契約を結び直さなければ
ならない。逆に気に入らない契約を、社長の代替わりを
装ってご破算にしようとする悪巧みの余地も出来てしまう。

だから近代的な契約社会では、会社を仮想的な「法人」
と捉え、会社間の契約は「法人」間の契約であって、
社長が替わっても、すべての権利や義務は引き継がれる
、という事になっている。

国家も同様であって、政権が替わっても、国家間の条約は
変更できない、というのが、国際社会の原則である。
文在寅大統領が「前政権での合意は受け入れられない」
などと言うなら、日本も戦前の大日本帝国の行為に
現在の日本国の責任はない、と言えることになる。


■3.一部の国民が反対していたら、国家間合意も
反故にできるのか?

もう一つ、「韓国人に受け入れられていない」という
言い分も面白い。B社がA社との契約締結後、
「実はB社の中には、A社との契約に反対のものがいるので
、再交渉したい」などと言い出したら、どうだろう。

一つの会社の中で、いろいろな考え方の社員がいるのは
当然である。だから、B社の社員全員が賛成しなければ
、A社との契約は成立しない、などと言い出したら
、会社間の契約は不可能である。

また、B社が気に入らない契約をご破算にするために、
「一部の社員には受け入れられていない」などと強弁する
余地も出来てしまう。だから近代法では、会社を代表して
契約することのできる「代表取締役」を設けて、その人が
サインすれば、会社として合意した事とする。

A社としては、B社の代表取締役と署名を交わせば
いいだけで、B社内でどんな反対勢力がいようと、
それはB社内の問題で関係ない、ということになる。

国家間の条約も同じ事で、たとえば、60年の日米安保
条約改訂の際には、どんなに過激派が大暴れしようと、
日本国の首相がサインをしたら、それは日米間の正式な
条約として成立する。

そのために、日本国の中では、条約は国会が承認し、
天皇が公布する、というプロセスがある。韓国内にも
それに相当するプロセスがあるはずだが、それは韓国
政府内の事だ。日韓慰安婦合意は当時の岸田文雄外相と
尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が共同記者発表で
述べたもので、国際的には正式な国家間合意である。

文在寅大統領は弁護士出身ということで、当然、
こんな事は百も承知だろう。それでも、こんな事を
言い出すのは、こういう近代的な国際法に疎い日本国民と
、日本政府の間にくさびを打ち込もうという政治的魂胆
からだろう。


2017年6月11日 (日)

携帯電話からご連絡をいただきました皆様へ

携帯電話からお問い合わせをいただきました皆様

兵庫県三木市よりお問い合わせをいただきましたU様、SoftbankのiPhoneからお問い合わせをいただきましたK様(メール本文ではM様となっておりますが)、お返事をお待たせいたしておりまして 申し訳ございません。
何度かお返事を差し上げているのですが、おそらく携帯電話かスマホにて、着信拒否の設定がなされていると思われます。

ご本のお申し込みにつきましては、送料がかかる事もありましてその旨了解のお返事をいただいてから発送させていただいております。
誠に申し訳ございませんが、携帯電話の設定をご変更いただき、お返事をいただけましたら幸いでございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017年5月 3日 (水)

お問い合わせをいただきましたT様へ

何度もお問い合わせをいただいております宮崎県のT様

ご連絡が届いておりませんようで申し訳ございません。こちらからもメールでお返事を差し上げておりますが、おそらく携帯電話で迷惑メールとして着信拒否設定がなされていると思われます。恐れ入りますが「irohahihumi@nifty.com」からの着信をご承諾いただくよう、設定変更をお願いいたします。
(念のためgmailでいただきましたお問い合わせにもお返事しておりますので、そちらもご確認をお願いいたします。)

申し訳ございませんが、ご本のお申し込みをいただきました場合に、すぐに発送はいたしておりません。送料その他のご確認のやりとりをさせていただき、ご承諾をいただきました後に発送させていただいております。
これは送料が2冊まで360円、4冊まで510円(5冊以上はゆうパックとなりますのでお住いの地域により変わります)とけっこうかかってしまう事に加え、ご本自体も
「神から人へ(上・下)」 各1冊1,400円
「神誥記、続神誥記」 各1冊1,750円
という決して安くはないお値段となっておりますので、その確認をさせていただくのが目的でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

2015年12月31日 (木)

今年もお世話になりました

皆様

あっという間に大晦日になりました。
先ほど晩御飯がわりに年越しそばを食べて、ほとんど誰が出ているかわからない紅白歌合戦を見ています。現時点では白組が優勢のようですが、さてどうなりますやら。

本年もたくさんの方々に「ひふみのつどい」にお越しいただく事ができました。また、ひふみともこ先生の公式ホームページもなんとか軌道に載り、そのせいもあってか、本当にたくさんのご本のお申し込みをいただきました。

皆様に支えていただき、なんとか今年も「ひふみのつどい」を続けさせていただく事ができました。本当にありがとうございました。

厚く御礼申し上げますとともに、来る平成28年が皆様に良き年でありますよう、心よりお祈りいたしております。

それでは、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年11月21日 (土)

大変申し訳ありません

皆様

前回の記事にて「来週には来年の予定をお知らせします」と言っておきながら、何のご連絡もできず、誠に申し訳ありません。

前回の記事をアップした後、ここ数年にないひどい風邪になってしまい、会社にも行けない状態になってしまいました。
単なる風邪なのですが、仕事の切れ目だったこともあり、ずっと家で寝ていました・・・・・
ゆっくりと色々なことを考えることができました。

来週には必ずご連絡させていただきますので、もう少しお時間下さい。



2015年11月14日 (土)

来週には来年の予定をアップいたします

皆様

すっかり更新が滞っておりまして申し訳ありません。

皆様からお問い合わせをいただいております、来年の「ひふみのつどい」の日程ですが、来週にはご連絡できると思います。
申し訳ありませんが、今しばらくお時間下さいませ。

このところなぜか猛烈に忙しく、毎日のようにいただくご本の問合せと発送で手一杯の状態が続いていました。

ようやく、昨日、ロシアからの御一行40名の前でのプレゼンが終わり、ちょっと一息つけたところです。初めは全部英語で行う予定で、それはそれでプレッシャーだったのですが、英語が分からない方もいらっしゃるということで、急きょ日本語→ロシア語の通訳がついて行う事になりました。
実は逐次通訳での講演は初めてで、どのように訳されているのか全く分からない上に、冗談もうけないので、なかなかつらい状況でした。
それでも最後には「いい講演だった」と言われてお土産をもらいました。

Matryoshka_doll_2

マトリョーシカ人形とウォッカでした。
左からゴルバチョフちゃん、トロツキーちゃん、プーチンちゃん、レーニンちゃん、スターリンちゃんと名付けました。
一番左はウォッカくんです。
かわいがってあげたいと思います。







2015年9月 4日 (金)

ご本のお問い合わせをいただきましたH様へ

9月3日13時ころにau携帯よりメールをいただきましたH様

この度はご本のお問い合わせをいただきましてありがとうございます。
返信をさせていただいたのですが、何故かあて先不明でメールが届きませんのでこちらで回答をさせていただきます。

ひふみ先生のご本は一般書店の流通経路にのっておらず、ご迷惑を
おかけしておりまして申し訳ございません。
現在はこちらの事務局でお申し込みの受付と販売をさせていただいております。

ひふみ先生のご本は「神から人へ(上・下巻)」
「神誥記」「続神誥記」の4冊が出版されておりますが、
申し訳ございませんが、現在、「神誥記」が在庫切れとなっております。
その他の3冊は事務局に在庫はございます。
「神誥記」の入荷は9月中旬となる予定でございます。
また、価格ですが神から人へ(上・下)は各1冊1,400円、
神誥記、続神誥記は1冊1,750円となっております。

送料は2冊まででしたら360円、4冊まで510円となっております。
4冊まではレターパックでのお送りとなります。
5冊以上の場合はゆうパックとなりますので、お住まいにより送料は
変わります。
お代はご本が到着しまして、問題がないことをご確認いただけましたら 書籍に同封の書類に記載しております銀行口座までお振り込みを
いただいております。 また、事務局の電話番号は050-3693-0346となっております。
日中は仕事の都合上お電話を受ける事ができませんので、 基本的に留守番電話とさせていただいております。 番号通知でメッセージを入れていただけましたら 夜間になりますがご連絡させていただきます。
(ただ、あまり人間的な時間に帰宅できない場合が多く、数日ご連絡が
遅れることもありますが、何卒、ご容赦ください。)

どうぞよろしくお願いいたします。

2015年5月 9日 (土)

大阪5月の会のひふみ先生のお話

皆様

5月3日に開催されました大阪 難波神社様でのひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話を要約いたしましたのでお伝えさせていただきます。
本日は前半部分の要約となります。
前半の教材は公式ホームページに掲載の2005年3月29日部分でした。

2005年(平成17年)3月29日 九州の地震について

 

本日の題名の「九州の地震」というのは阪神大震災と東日本大震災の間にあった福岡西方沖地震の事です。最近はネパールでも大地震がありました。

天災というものは地球や自然からの警告であるという事は何度も聞かれていると思います。実は人の飽くことのない欲望が天災が引き起こしているのかもしれません。

昨年の広島の土石流についても、被害にあった地域にはもともと家を建ててはいけないという意味の地名があったそうです。それを山を切り開き、その場所の名前を変えてしまいました。万一の際を考えて絵図面とかいろいろな言い伝えを残してもらっているにもかかわらず、昔の方々のせっかくの生きた教えを理解せず、それを無視してしまったが故に被害が大きくなり、幾人もの人が亡くなりました。東日本大震災の際にも言われたことですが、津波が来る事が分かっている場所には家を建てるな、という事で神社は高台に建っています。大阪の梅田ももともとは「埋めた」という意味で埋め立て地だったようです。それを後世の人がきれいな文字を使って地名を変えてしまったそうです。これも人の傲慢の表れの一つではないでしょうか。こういう教訓というものはその土地で2代目、3代目になるとほとんど残っていないようです。

東日本大震災にしてもすでに風化しているような気がします。まだ、現地では仮設住宅で暮らされている方が数多くいらっしゃいますが、東北以外では豊かさを満喫するような状況が発生しています。

それに加えてこのところの「平和」「自由」「個性」などを大切にするというような表層的な教育が誤った価値観を助長しているようです。

日本は物質的に豊かだと思いますが、最近の「幸せ度」の調査によるとあまり高くないようです。世界で50位くらいだったのではないでしょうか?

(注:国連が行った世界の幸福度についての2015年版調査報告書によれば46位でした)

東日本大震災の直後はそれなりに人の心が元に戻ったかと思いましたが、神様から見れば昔から人間のこころは変わっていない、進歩していないと感じておられます。

人類の進化の究極の世界は「和」です。聖徳太子の十七条憲法にも表されていますが、日本は昔からこの考えをもとに政治を行ってきていました。その日本でさえ今は人の心がバラバラになろうとしています。その結果、孤独感が強まっているのではないでしょうか。望む「自由」が望まない「孤独」を招いている。今の教育は「自由」だとか「権利」という言葉を大切にしているように見せかけて、実際は人の心を分断しています。神様の願いは分断された心を再び「和の世界」に戻すことです。

世界の平和というと話は大きすぎるかもしれませんが、日本人が本来持っている本質、価値観を大切にすべきだと思います。

神様は九州の地震だけではなく、何度も人々の気づきを求められています。神様からすれば百年や千年というのはほんの一瞬なのです。九州というのは天孫降臨の地といわれており、多くのいわれのある神社もあります。その地で地震があったという事は、その意味を読み取れとおっしゃっているのだと思います。大きな地震のあった阪神淡路大震災の神戸も「神の戸」、新潟も「新しい方」と読むことができます。

神様はいつも、魂の昇華を今から始めなさい、すぐに始めなさいとおっしゃっています。

今の状態が高じてゆくと人の傲慢が助長され、強欲な人間ばかりとなり「我」の戦いになってぶつかり合い、結局は自分で滅んでしまいます。自然を、地球を、神様を信じて生きてゆくことが自然の神様のご意図に沿った生き方だと言えるでしょう。

これからもこのように目に見えないものを否定せず、魂を磨いて生きていこうではありませんか。

2015年4月15日 (水)

【署名願い】フォートリー慰安婦記念碑計画を阻止

皆様

ひふみ先生より署名の協力依頼をいただきました。
また、米国で慰安婦記念碑が建てられそうな状況です。
ぜひ、反対署名をお願いいたします。
1分で終わりますので皆様のご協力をお願いいたします。

===============================================================

ニュージャージー州フォートリー慰安婦記念碑設置計画を阻止しましょう!

最新情報はこちら http://nadesiko-action.org/?page_id=8068

既に慰安婦記念碑が3つ建っている米国ニュージャージー州。
フォートリーでは2013年に計画が持ち上がりましたがその後中断していました。
ところが最近また韓国系団体が慰安婦記念碑推進の動きを見せています。

この度、ニュージャージー在住の邦人女性が反対署名を立ち上げました。
一筆でも多く署名が集まり、現地邦人の反対運動を応援いただけますよう、皆様のご協力
何卒よろしくお願い申し上げます。

署名はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓

http://chn.ge/1Ns15M5
===============================================================

私も署名いたしました。日本語で大丈夫です。

上のリンクをクリックしていただくと以下のような画面が開きますので
姓、名、郵便番号を入力していただき、最後に「賛同!」ボタンをクリックして
ください。

Gamen1

2015年2月22日 (日)

ご本のお申し込みをいただきましたH様へ

昨日、本ホームページのコメントにてひふみともこ先生のご本のお申し込みをいただきました岩手県のH様

申し訳ございませんが、私のPCでいただきました内容が文字化けしておりまして、一部が読み取ることが出来ませんでした。
できましたらメールアドレスをご入力いただけましたら、こちらからご連絡させていただきたく存じます。
また、メールを

irohahihumi@nifty.com

宛にお送りいただけましたら、返信をさせていただきます。
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

より以前の記事一覧