2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2018年7月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月

2018年9月22日 (土)

大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き)

皆様

前回に引き続き、9月8日の大阪 ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話の要約を掲載いたします。


ひと、一人一人の名前に神様からの願いが込められています。この名前を大事にしなければなりません。人の名前は偶然つけられるものではありません。必要があるからその名前になっているのです。
自分の名前を姓名判断で改名することは無駄だと神様はおっしゃっています。もとからつけられた名前が最良のものなのです。
姓名判断で自分で名前を変えるのは、それは現世利益を追い求めていることになります。自分の名前をいやだと思う事が、既に邪心に囚われているのです。親の願いだけではなく、神様の想いに考えをはせなければなりません。
その人の役割が名前に込められています。漢字はこの漢字じゃなければよかったのにとか、読み方がもっと分かりやすければ、と考える方は多いかもしれません。しかし、その名前には親の願いだけではなく、神様の願いが込められています。神様からみると一人一人が大事で、皆を愛してくださっています。その神様の愛に、願いに応えていく事が人の使命です。名の無い動物でも一匹一匹が、神様のご意図に沿うように一生懸命生きています。台風の風にも負けず、たとえ根元から折れたとしても、それは役割を全うして折れたのだと理解していくべきなのです。

皆、自分の名前を辱めないように、ふさわしい生き方をしなければなりません。人の使命を表すものがその人の名前で、それは神様が与えて下さったものです。その名前を全うすることが人の使命で、勝手に変えるべきものではありません。
名前をいただいたという事は使命をいただいたという事です。その名前で一生懸命に生きて、使命を全うしなければならないのです。名前を捨てるという事は使命を投げ出すという事で、それは神様の願いに反することなのです。
名前に感謝することは自分に感謝すること。
自分に感謝することは神様に感謝すること。
名前に込められたご意図を素直に受け入れて、生きてゆくことで、また神様は色々とお助け下さるのです。

(第2部) 日本の歌
今回は「夕焼け小焼け」を皆様で合唱いたしました。

(第3部) ひふみとも先生より書籍のご紹介
元春日大社宮司 葉室 頼昭 様著 「大祓 知恵のことば」

本日、初めに奏上しました「大祓詞」の解説をされたご本です。人間は約40億年かかって原始生命から成長してきました。他の生命体に比べ、人間だけはこの数万年で劇的に進化しています。例えば、チンパンジーはこの1万年でほとんど変わっていないということなのですが、その原因は人間は言葉を覚え「なんでも理屈で考える」ことができるようになったからなのです。鳥は羽根をもって飛んでいますが、羽根を持たない人間は言葉によって知識を共有し、飛行機を作りました。その結果、人間そのものの生活の速度は、チンパンジーよりはるかに速くなりました。
しかし、何故神様は人間を創り、言葉を与えたのでしょうか。それは言葉で神様の想いを伝え、神様の世界のような素晴らしい世界を体現するためです。人間には他の生命とは異なる、神の願いが込められており、神の願いを託された存在なのです。
祝詞の奏上の仕方ですが、一音、一音ゆっくりと、ニコニコ笑うような感謝の心で奏上しましょう。きっと、神様のお恵みをいただくことの喜びを感じられるでしょう。
真剣に、しかししかめ面をしてとなえると良い、というものではありません。
昔に比べると今の人たちは体が弱くなっていると言われています。これは免疫システムが弱くなっていると言えるでしょう。それは人が理屈でばっかり考えている事にも一因があります。「大祓詞」は神様が発せられた言葉そのままだということです。その文字や意味ではなく、あるがままを読む、神様がおっしゃったとおりに読むということが大切です。

2018年9月20日 (木)

大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き)

皆様

前回に引き続き、9月8日の大阪 ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話の要約を掲載いたします。


(第1部) 人間の名前について

神様はいつも人には使命がある、役割がある、とおっしゃっています。しかし、いくら役割が決まっていても、それはその人の心の持ち方、生き方で変わってくるものです。しっかりと努力し、怠けてはいけません。
名前は生まれた時に親につけてもらうものなのですが、それには神様と約束した使命、言い換えれば神様の願いが込められています。その使命を成就するために、神様はその人の人生で、いろいろな環境や出会いを仕組んでくださっています。
私たちは自分で立てた願いや目標を成就させたいと思い、それがうまく行かないとなぜ神様は守ってくれないのか、むしろ邪魔をされているなどと思う事があります。しかし、それは本来の目標を達成させるために、神様との魂の約束として、必要な経験なのです。いくら望んだとしても、その人に必要でない望みはかなう事はありません。それは人間にはとても分かりにくい事なのです。台風や地震などの天災についても、神様はなんてひどいことをするんだ、という人もいますが、それは長い目で見れば人間に必要な試練なのです。人が自分の役割を、自分の周りに起こる出来事の中に見出し、神様との約束を思い出し、それに向かって進んで行くことが必要です。
私も人間なので、何故?と思う事はいっぱいあります。しかし、その経験のどこかに、必ず、神様のご意図が表れているのです。

徳を積む、という表現がありますが、陰徳を積む、報われるとか報われないではなくひっそりと人の役に立つことを行う、という事です。
最近、感動したのは山口県の藤本理稀ちゃんという2歳のお子さんが行方不明になって、ボランティアの尾畠春夫さんが3日目に見つけられた、というお話がありました。
尾畠さんは、65歳からこれからは人のために尽くすと言って、ボランティアを始められたとのことです。何百人という人が探しても見つからなかったのに、探し出して20分で理稀ちゃんを見つけた、これは本当に奇跡的な出来事です。これは神様が尾畠さんに見つけさせるべく、理稀ちゃんは尾畠さんに見つけられるべく、そういうお仕組みだったのではないかと考えます。このニュースに日本中が本当に良かったと思い、尾畠さんのお姿にすがすがしい気分になったのではないでしょうか。
いろいろなボランティアに参加され、そのあくまで縁の下の力持ちという精神を貫いておられたのはもちろんですが、今回の行動で何度も同じようなインタビューをされたにもかかわらず、どんなインタビューにも丁寧に答えておられたのが印象的でした。インタビュアーにはその役割があり、その人の仕事がきちんとできるように同じ質問が何度来ても同じように丁寧に答える、という事をおっしゃっておられました。

私には尾畠さんのような事はできませんが、真の日本人の心をお持ちになっていると感動しました。これまでのひとつひとつの経験の積み重ねが今の日本人を作ってきています。日本人の精神が失われた、などとよく言われますが、その精神は今も続いています。世界を驚かせたサッカーのワールドカップでも、ゲーム終了後のごみ掃除とか、新幹線で降りる人も食事のごみなどは自分で持って降りていきます。これらは世界の人が称賛する非常に分かりやすい、すばらしい点ではないでしょうか。

大リーグの大谷選手も、とてもマナーがいい、礼儀正しいということで非常に評判が良いらしいです。普通、選手はヒマワリの種を食べてはベンチの床に吐き出すのですが、しかし大谷選手は飲み物の空きコップにいれているそうです。これがマナーがいい、すばらしい、と評価されています。日本で自然にやっていることが、米国で評価されている、これが日本人の魂の高さであると思います。
このように、日本人は良い影響を周りに与えていくことができます。一人一人の行動は小さいものでも、その集まりが大きな力となります。
これが日本人が本来持っている力だと思いますし、初めに申し上げましたように、人が魂の奥に持っている神様との約束を思い出し、これを目覚めさせるのが、大祓のことばであるとも言えます。

2018年9月17日 (月)

大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話

皆様

少し前になってしまいますが、9月8日(日)に大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」を無事に終了させていただくことができました。台風の直後にもかかわらず、13名の方々にご参加いただく事が出きました。本当にありがとうございました。

今回から、進め方と内容を若干変えさせていただきました。
そのため、司会進行がグダグダで申し訳ありませんでした・・・・・・次回にはもう少しうまく進行できるように修行いたします。

それでは、今回のひふみともこ先生のお話の要約を掲載いたします。


<ひふみともこ先生のお話>

ほんの数日前ですが、台風21号が日本に上陸し、大阪にも大きな被害をもたらしました。被害に会われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
台風21号の時は私は京都にいたのですが、風というものがこれほど怖いものだとは思いもよりませんでした。私が滞在していた場所の近所でも高さ30mくらいの大木が半分くらいのところからぽっきりと折れていたり、他の木は根こそぎ倒れたりしていました。
東日本大震災、熊本の大地震はまだ記憶に新しいのですが、この数ヶ月前にも大阪でも大きな地震がありましたし、続いての西日本豪雨、台風21号、一昨日の北海道の地震とこの短い間に天災が続くのは何か神様のメッセージなのではないかと感じました。

そのため、本日はいつもと少し内容を変えて、「大祓のことば(詞)」を最初に奏上しました。「大祓詞」にはその場を浄めるのだけではなく、人々の罪、穢れを祓い、神様の言葉をいただくことで、その「言霊」に包まれるもの、気の枯れているものを回復させるという効果があるそうです。「祝詞」の文字を目で追うだけではなく、文字として意味で理解しようとするのではなく、ゆっくりと声に出すことで神様の想いに思いをめぐらせる、ということが大切です。私たちが心に持っているものをエネルギーに変え、いいエネルギーに循環させるのが「大祓詞」なのです。
地球上に生命が発生してから、38億年が経つと言われています。この38億年という時間が、人類が今のような免疫力を持つに必要な時間であったとも言われています。病気が流行ったその瞬間は困るものだ、嫌なものだと思いますが、それは長い目で見れば人間に必要なもので、いい方向で進んでいくためのお仕組みなのだ、と前向きに考えるべきでしょう。言霊は病気の免疫力を向上させるのにも有効であるとも言われています。
神様のエネルギーを感じながら、やまとの国の言葉の力を感じながら奏上してください。

2018年9月 4日 (火)

大阪9月の会が近づいてまいりました

本日の台風21号でお亡くなりになられました皆様に心より哀悼の意を表しますとともに、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。

今日は大荒れになるという予報でしたので、私の勤務する会社は責任者以外は自宅勤務となりました。私は会社にいたのですが、13時を過ぎるころから急激に天候が悪化し、窓から中庭の桜が根こそぎ倒れるのを目の当たりにしたり、電気の瞬電でネットワーク機器が停止するなど、本当に忙しい一日でした。
社屋もそれなりに被害を受けており、ガラスの10%くらいが割れていました。
自宅も隣家との間の塀が倒壊したりと私が不在中、大変だったようです。

このような中ではありますが、今週土曜日は難波神社様での「大阪ひふみのつどい」の開催日です。
いつものように13:30ころ開場、14時から正式参拝となります。
17時には終了の予定です。

お忙しいとは思いますが、皆様のご参加をお待ちいたしております。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年11月 »