2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話 | トップページ | 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き) »

2018年9月20日 (木)

大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き)

皆様

前回に引き続き、9月8日の大阪 ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話の要約を掲載いたします。


(第1部) 人間の名前について

神様はいつも人には使命がある、役割がある、とおっしゃっています。しかし、いくら役割が決まっていても、それはその人の心の持ち方、生き方で変わってくるものです。しっかりと努力し、怠けてはいけません。
名前は生まれた時に親につけてもらうものなのですが、それには神様と約束した使命、言い換えれば神様の願いが込められています。その使命を成就するために、神様はその人の人生で、いろいろな環境や出会いを仕組んでくださっています。
私たちは自分で立てた願いや目標を成就させたいと思い、それがうまく行かないとなぜ神様は守ってくれないのか、むしろ邪魔をされているなどと思う事があります。しかし、それは本来の目標を達成させるために、神様との魂の約束として、必要な経験なのです。いくら望んだとしても、その人に必要でない望みはかなう事はありません。それは人間にはとても分かりにくい事なのです。台風や地震などの天災についても、神様はなんてひどいことをするんだ、という人もいますが、それは長い目で見れば人間に必要な試練なのです。人が自分の役割を、自分の周りに起こる出来事の中に見出し、神様との約束を思い出し、それに向かって進んで行くことが必要です。
私も人間なので、何故?と思う事はいっぱいあります。しかし、その経験のどこかに、必ず、神様のご意図が表れているのです。

徳を積む、という表現がありますが、陰徳を積む、報われるとか報われないではなくひっそりと人の役に立つことを行う、という事です。
最近、感動したのは山口県の藤本理稀ちゃんという2歳のお子さんが行方不明になって、ボランティアの尾畠春夫さんが3日目に見つけられた、というお話がありました。
尾畠さんは、65歳からこれからは人のために尽くすと言って、ボランティアを始められたとのことです。何百人という人が探しても見つからなかったのに、探し出して20分で理稀ちゃんを見つけた、これは本当に奇跡的な出来事です。これは神様が尾畠さんに見つけさせるべく、理稀ちゃんは尾畠さんに見つけられるべく、そういうお仕組みだったのではないかと考えます。このニュースに日本中が本当に良かったと思い、尾畠さんのお姿にすがすがしい気分になったのではないでしょうか。
いろいろなボランティアに参加され、そのあくまで縁の下の力持ちという精神を貫いておられたのはもちろんですが、今回の行動で何度も同じようなインタビューをされたにもかかわらず、どんなインタビューにも丁寧に答えておられたのが印象的でした。インタビュアーにはその役割があり、その人の仕事がきちんとできるように同じ質問が何度来ても同じように丁寧に答える、という事をおっしゃっておられました。

私には尾畠さんのような事はできませんが、真の日本人の心をお持ちになっていると感動しました。これまでのひとつひとつの経験の積み重ねが今の日本人を作ってきています。日本人の精神が失われた、などとよく言われますが、その精神は今も続いています。世界を驚かせたサッカーのワールドカップでも、ゲーム終了後のごみ掃除とか、新幹線で降りる人も食事のごみなどは自分で持って降りていきます。これらは世界の人が称賛する非常に分かりやすい、すばらしい点ではないでしょうか。

大リーグの大谷選手も、とてもマナーがいい、礼儀正しいということで非常に評判が良いらしいです。普通、選手はヒマワリの種を食べてはベンチの床に吐き出すのですが、しかし大谷選手は飲み物の空きコップにいれているそうです。これがマナーがいい、すばらしい、と評価されています。日本で自然にやっていることが、米国で評価されている、これが日本人の魂の高さであると思います。
このように、日本人は良い影響を周りに与えていくことができます。一人一人の行動は小さいものでも、その集まりが大きな力となります。
これが日本人が本来持っている力だと思いますし、初めに申し上げましたように、人が魂の奥に持っている神様との約束を思い出し、これを目覚めさせるのが、大祓のことばであるとも言えます。

« 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話 | トップページ | 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551077/67189541

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き):

« 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話 | トップページ | 大阪9月の会でのひふみともこ先生のお話(続き) »