2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 大阪で震度6弱 | トップページ | コメントいただきました方へのご回答 »

2018年7月 8日 (日)

西日本の豪雨災害

この度の西日本を中心とする豪雨でお亡くなりなられました方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

6月に史上最速で梅雨が明けた地方があり、その後のたかが残り梅雨、と思っていました。
それがこんな被害を引き起こすことになろうとは、本当に思いもよりませんでした。
TVの映像を見るたびに、東日本大震災の映像を見た時の衝撃が思い起こされました。

個人的には4月に出張先の島根で震度5の地震、3週間前にはやはり震度5の大阪北部地震、と大きな地震を体感したにも関わらず、すでに日常の忙しさにかまけてその記憶は風化してしまっていました。
今回の豪雨の陰に隠れて(大阪では)大きく報道されませんでしたが、千葉県で震度5弱の地震が起こっていました。
これがもし、豪雨に見舞われた地域で発生していたら、救済、支援に向かわれた方々にも犠牲が増えていた事でしょう。
また、猛烈な台風8号も発生しており、これが日本を縦断したら、もっと被害が出ていたに違いありません。(台風は日本縦断コースでとはならなかったようです)
神様はまだ、人間に考える機会を与えて下さっているという事なのでしょうか。

これだけの事が起こっても、そのたびごとに右往左往するだけの進歩の無い自分に、つくづくと情けない思いがします。


神誥記(平成12年(2000年)3月1日)に次のようなご神示がありました。 

(自然について)
いとも畏き神のことばは、自然の中でも、最も尊く、最もありがたき 自然の粋なり。
自然というも、全ては神の、ご意図とご意志を顕したる、神の意匠の顕れなれば。
なれば人は自然を汚すも、神のことばを汚すと同罪。最も重き罪ならん。
恐れるべし、畏むべし。自然の猛威に 神意を読めよ。
晴れて穏やか、晴天に見えて、後に曇りて荒れ狂う、自然の変化に、神を見よ。
神の喜び、悲しみも、自然と共に織りなされ、神の戒め 顕す嵐は、最も辛き神の心よ。
なれば畏れよ、罪詫びよ。詫びて下座せよ、昔のように。
自然を恐れず、傲岸と、自然を破壊し、滅ぼすなかれ。
人の命も自然の一部。相和し生きるが、人の道。
生き物全てが自然の一部。なれば狂わし、損なうなかれ。
神のご意図の達成を、神願成就を、人も手伝え。
自然を壊して、汚す者たち、必ず衰え、滅ぼされなん。
自然と調和し、生きる生命、神の波動に近付きなん。
神のことばは自然を作り、自然を生かして、生命与え、この世を動かす法則なるらん。
神のことばを使わぬ者は、やがては衰え、力を失い、ただの物質、残骸となり。
神のことばをなくして遥か。ついにことばも力尽きなん。
神のことばは、元一つの、人の使いし、尊き宝。
なれど失い、忘れ果て、この世の波動も低くなりぬる。
自然の力を甦らせよ。
神の波動を取り戻せ。
さにて立て替え直しを進めよ。自然はことば、ことばは力。
全ての自然の奥には神の、ことばが秘められ、言霊宿る。
なればこそ、自然の復活、再生望まば、自然に適うることば使えよ。


まずは、言葉を浄めて、お祈りをしたいと思います・・・・・
現在も雨が降り続いている地域の皆様にこれ以上のお障りがありませんように。

« 大阪で震度6弱 | トップページ | コメントいただきました方へのご回答 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551077/66918763

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本の豪雨災害:

« 大阪で震度6弱 | トップページ | コメントいただきました方へのご回答 »