2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 平成30年5月20日 大阪ひふみのつどいの要約(続き) | トップページ | 西日本の豪雨災害 »

2018年6月18日 (月)

大阪で震度6弱

皆様

本日の大阪は朝から揺れました。
多くの地域で停電や断水がおこり、9歳の女の子を含む3名の方が亡くなられました。
会社でも数多くの人が出社できないため、非常事態であるはずなのですが、ひっそりとした一日でした。
長男は2時間かけて徒歩で出社していました。

16日は千葉県沖で、昨日は群馬県で、今日は大阪で震度6弱の地震が相次いておこっています。
今月になって、千葉県の東方沖では「スロースリップ」と呼ばれる現象が観測されているということで、小規模な地震は数多く発生していたのですが、まさか、自分の身に降りかかってくるくるとは思いませんでした。
個人的にはこの4月に島根県でも震度5強の地震にあっており、この普通でない頻度には、きっと何か学ばねばならない事があるのでしょう。

ひふみともこ先生のご本の中に「地震」について書かれた部分はいくつかあるのですが、「平成17年(2005年)3月29日 九州の地震について」の中に次のようなお言葉がありました。


地震も津波も 災害全ては、地球の危機と警告なり。
人の傲慢、勝手の都合、とどまることなき、飽くなき欲望。
足ること知らず、持つこと気付かず。ただ深めるのみの 不平不満よ。
他への不服にあふれしことばを、
満たさることなき 飢えし思いを、
内にこもりて 凍(い)てつきぬる 孤独の心を 解き放たん。
人類始めの 原初のときより、人は己の我(が)と闘い、我(が)に打ち破れ、朽(く)ち果てぬるを。
太古の頃より 変わらぬ人類。進歩も進化も 微塵(みじん)もなかるを。
なれども今日(きょう)こそ、新たに変わらん。新たに目覚め、甦らん。
孤独の思いを 終わらせよ。
個々に分かたれ、断たれし絆を、ほどけし縁を、つなぎ合わせよ。
散らばり離れる 無数の御霊(みたま)を、見えぬ糸にて 結び合わせよ。


それぞれの地震の被害者が、それぞれ単体の災害としてとらえるのではなく、この根底にある神様のご意図を読み取れとおっしゃっているのでしょうか・・・・・・
これ以上の余震と被害が無いことを祈らずにはいられません。

« 平成30年5月20日 大阪ひふみのつどいの要約(続き) | トップページ | 西日本の豪雨災害 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551077/66844804

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で震度6弱:

« 平成30年5月20日 大阪ひふみのつどいの要約(続き) | トップページ | 西日本の豪雨災害 »