2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 大阪5月の会が近づいてまいりました | トップページ | 大阪5月の会のひふみともこ先生のお話 »

2018年5月27日 (日)

出雲のお話

皆様

このところ、更新がすっかり滞ってしまいまして申し訳ありません。
先週の日曜日、5月の大阪 ひふみのつどいを無事に終了させていただきました。幸いにもお天気に恵まれ、15名の皆様にご参加いただくことができました。本当にありがとうございました。
当日のひふみともこ先生のお話は、現在、まとめております。今少し、お時間をいただけますようお願いいたします。

さて、先月に出雲大社様にお参りさせていただいた話が非常に中途半端でしたので、補足させていただきます。

数年前の「神在月」に出雲大社様にお参りはさせていただいたのですが、稲佐の浜を目前にしてあまりの雨と風に砂浜まで行くことができませんでした。今度こそは、と思って「風のこない道」などを軟弱にネットで検索していたら、「稲佐の浜のお砂にはすごい力がある」という内容が見つかりました。前回もそれなりに情報は集めていたのですが、何故か全く目につきませんでした。不思議です。

きっと今回は行きつけそうだと思い心を強くして、小雨交じりでしたが稲佐の浜に降り立つことができました。浜には人っ子一人いませんでした。


Inasanohama2

しかし、ものすごく風が強い。立っていられない、というほどではないのですが、浜辺の砂が飛んできて、髪の毛の中や口の中まで砂だらけになってしまいました。弁天島に向かってお祈りをしていると、大きな波がざぶーん!とやって来て、走って逃げなければならないほどでした。

お砂をいただき、(ちゃんとビニール袋とスプーンは準備していきました)それを出雲大社様の摂社の素鵞社(そがのやしろ)に運びます。

Izumo2

素鵞社のご祭神は素戔嗚尊で、ご本殿の真後ろくらいに位置しています。

Suwa

こちらのお社の床下(?)にお砂が入った箱がたくさん並んでいますので、そこに自分で運んだお砂を入れ、別のお砂をいただきます。
きっと混んでいるんだろうな、と思いましたがお砂をいただいている人はほとんどいませんでした。
このお砂には力があり、持っていれば厄除けや開運、家や部屋に置けば幸運を呼び込むお守りになるという事です。とりあえず、このお砂を持った方が安全に幸せになりますように、とお祈りしていただいた来ました。

家に帰ったあとで(出雲大社様の話はないんかい、というツッコミは無しです)まだ湿っているお砂を天日で乾かしました。

Suna1

それを小分けにして、完成です。(何が完成なんや、というツッコミは無しです。)

Suna2

ひふみのつどいでお配りしようかと思っていたのですが、絶対的に量が足らないので、持っていけませんでした・・・・・申し訳ありません。
でも、あまりたくさんいただいてくるのも、それはそれで違うかな、と思いましたので・・・・・・言い訳です。


« 大阪5月の会が近づいてまいりました | トップページ | 大阪5月の会のひふみともこ先生のお話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551077/66766219

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲のお話:

« 大阪5月の会が近づいてまいりました | トップページ | 大阪5月の会のひふみともこ先生のお話 »