2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

大阪3月の会のひふみともこ先生のお話

皆様

本日で3月も終わりですね。実質は昨日で平成29年度も終わりだという会社も多かったのではないでしょうか。
また私事で恐縮ですが、平成29年度は本当に忙しく、あっという間の一年でした。それでも大過なく過ごさせていただきました事に大変ありがたく感じております。
今年は急に暖かくなったこともあり、今週が桜の見ごろとなっています。明日はきっと色々なところで花見の宴が行われることでしょう。
会社の近くの大阪の護国神社の桜も満開でした。

Gokoku

今日は朝から近所の長居公園にお花見に行ってきました。

Nagai

桜が池に映ってなかなかの美しさでした。

以上が前振りでして(長くて申し訳ありません)・・・・・3月の大阪ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話の要約が完成しましたので掲載させていただきます。

当日の教材は「謙虚さと自信についてというものでした。
では、要約はこちらから

====================================================================

平成30年3月17日 大阪ひふみのつどいの要約

前回から4ヶ月も間が空いてしまいました。昨年末にふとしたことで左手首を骨折して、簡単なものですが手術も受け、1泊でしたが入院も経験しました。継続的な診察が必要で、急に1月の会を中止させていただきました。余談ですが点滴もされて、いい血管だとすごくほめていただいたのですが、そのせいか5回も管を刺すのに失敗されて少々痛い思いをしました。今はほぼ完璧に直っています。皆様にはご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

【第1部】 謙虚さと自信について

今回も初めの数行は神様から、人間に向けてどのように生きるべきかの心構えのお言葉が記されています。手を取り合って、多くの人の次元を上げて、そこに来なさいという事です。今の世界の情勢を見ても、人間心の世界の低い次元に囚われている人がたくさんいます。神様がいつもおっしゃっているように、人々の間に縁を結んでいけば、その絆はもっと早く結ばれ、それが発する光も強くなります。少なく見える集まりでも、その心の浄化が進めば、それは大きなうねりとなってつながっていくのです。

本日の教材は「謙虚さ」と一見、反対のように見える「自信」についてのお話です。
今の人は神様を否定している人が多いのですが、本来、神様のご意図にそってその流れに従って生きていくのが自然の生き方です。そういう生き方をしている人は、神様に向きあって日々生きており、その自然の姿が謙虚だという事になります。
人間の役割は神様によって作られ、それぞれの役割を行う約束をして生まれてきました。
人間が一番偉い、だからその生活のために自然を破壊する、というのは人間が傲慢になっているという事です。虫や動物や山や海や自然を犠牲にするというのではなく、自然を大切にする、調和して生きる道を選択することが自然の法則なのです。
東日本大震災の後も、土地のかさ上げだとかより高い防潮堤を築いたりしていますが、それは神様の目から見れば傲慢であり、人間のおごりであるということです。
神様は人間が本来の姿に戻ったときの状態を謙虚だと言われています。そして、それが人間の自然の姿なのです。その自然の姿が崩れた時に、天災等がおこるのです。
自分が、人が、という自己中心型の考え方に人間は陥りがちなのですが、それは我欲であり、傲慢な心の表れです。本来の自然との調和をしていれば、もっと幸せになるはずです。
この我欲がもっと大きくなっていくと、戦争とか、テロとかにつながっていきます。
文化が進んだことによって、今では数年前には考えられないほど多くの新しい種類の犯罪が起こっています。神様から遠ざかることで、かえって悩みを深めているのが今の人間の姿です。この状態は神様からは地獄のように見えているのかもしれません。


2018年3月25日 (日)

聖林寺様で狂言のお話をうかがってきました

皆様

本日の大阪、奈良はうららかなお天気に恵まれ、その陽気に誘われて先日のひふみのつどいでひふみともこ先生からご紹介いただきました聖林寺様の催しに行ってまいりました。

第3回 記紀万葉講座という連続した勉強会の一環で、本日は「狂言は室町時代の吉本新喜劇」と題されていました。
プログラムは

◆第1部
 ・ 狂言作家、大江隆子様と能管演奏者、植松葉子様による能楽の演奏
 ・大江隆子様と植松葉子様の能楽についてのお話
 ・茂山千五郎師による狂言の歴史や茂山千五郎家、新作狂言の制作にあたる苦労話

◆第2部
・原画作者・松田大児様のお話
・新作狂言「大仏くらべ」を、紙芝居風に茂山千五郎師による朗読

という内容でした。私は狂言について全く知識もなく、日本文化に対する相変わらずの無知に恥じ入るばかりでしたが、大変興味深いお話を聞かせていただくことができました。
また、「大仏くらべ」も狂言そのもではありませんでしたが、茂山千五郎様の朗々としたお声に感動いたしました。

聖林寺様には国宝の十一面観音様がいらっしゃいます。初めて拝観させていただいたのですが、その優美さというか、迫力というか、見とれてしまいました。写真では何度も見ていたのですが↓
11

実際に拝見するのとは雲泥の差がありました。角度によるのかもしれませんが、とにかく、一度拝観なされることをお勧めいたします。

そして今日は、なんと、会場でひふみともこ先生ともお目にかかりました。これも十一面観音様のお引き合わせでしょうか。

明日からは先日の大阪ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話を掲載してゆきます。

2018年3月21日 (水)

サクラサク

皆様

今日は春の彼岸の中日で春分の日でした。
暑さ寒さは、と言いますが、今日は雪になったところもあり、冬に逆戻りしたようなお天気でした。
大阪は風が強く雨模様でしたが、うちの周りでも桜が咲きだしています。

Sakura1

先日の大阪ひふみのつどいでベトナムのトンボのやじろべえをお土産として配らせていただきました。
こんなものです↓
Chuonchuon

けっこううまく色々なものの上に止まってくれるので、受験生の甥っ子にお守り代わりに渡したのですが、無事に第1志望に合格しました。
こちらもまた、「サクラサク」でした。


2018年3月18日 (日)

大阪3月の会が終了いたしました

皆様

昨日、3月17日に大阪 難波神社様でのひふみのつどいを無事に終了させていただきました。お天気も良く、13眼の方々のご参加をいただけました。お越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。

ひふみともこ先生にお話しいただきました内容は、また後日掲載させていただきます。

その会の中で、ひふみ先生よりイベントのご案内がありましたので至急、ご連絡させていただきます。
以前、ひふみのつどいでも何度かお話しされました「大仏くらべ」という狂言が、奈良で上演されます。直前のご案内となりますが、ご興味のある方はぜひお運びください。

■日時 平成30年3月25日(日) 14時~16時
■場所 聖林寺(しょうりんじ) 本堂 
      奈良県桜井市下692
      桜井駅南口から多武峯・談山神社行バス約10分
      聖林寺前下車すぐ
      http://www.shorinji-temple.jp/
■費用 500円
■当日のプログラムにつきましてはこちらの画像をご覧ください↓
Kyougen0325

  

2018年3月12日 (月)

大阪3月の会が近づいてまいりました

皆様

今週の土曜日(17日)は今年初めてとなります大阪 難波神社様での「大阪ひふみのつどい」の開催日です。
13時30分頃開場、14時より難波神社様本殿にて正式参拝となります。終了は17時ころの予定です。

進め方といたしましては
・いろは祝詞、ひふみ祝詞奏上
・第1部:神様のお言葉朗読とひふみともこ先生による解説
・第2部:日本の唱歌(今回は「たのしいひなまつり」)合唱と歌の解説
となっております。

前回のベトナム出張でお土産を買ってきましたので、お持ちしようと思っています。
トンボ(ベトナム語でチュオンチュオンといいます)のやじろべえですが、なかなか微妙なバランスをとってゆらゆらと揺れてくれるおもちゃです。チュオンチュオンはベトナムでは幸せの象徴とされているとの事ですが、私には「こはぜ屋の勝虫」にしか見えません。テレビの見すぎでしょうか・・・・・・

2018年3月11日 (日)

東日本大震災7年


皆様

本日は東日本大震災から7年目の祈念日でした。
朝から報道されている各地での慰霊の行事を見ていますと、当日の衝撃が昨日の事のように思い出されます。
仕事中にこれまで感じたことのない長周期の揺れにそれなりに驚いたのですが、帰ってから見たテレビに映し出される光景には絶句するよりありませんでした。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、、残された方々の背負われているお役目に頭の下がる思いがいたします。

東日本大震災につきましては、ひふみともこ先生が神様からお伺いになられましたいくつかのお言葉がございます。

平成23年(2011年)3月16日 東北関東大震災
平成23年(2011年)3月29日 原発
平成23年(2011年)4月12日 日本の復興
平成24年(2012年)9月28日 慰霊
平成24年(2012年)9月30日 慰霊の言霊

いずれもひふみともこ先生の公式ホームページにて公開いたしております。

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com

一度、お立ち寄りいただけましたら幸いでございます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »