2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月22日 (土)

皆様

梅雨明けしたとたん、猛暑がやってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

さて、先月もご紹介をいたしましたが、国際派日本人
養成講座のブログ執筆者、伊勢雅臣さんがひふみともこ先生のところで
非常勤講師としてお話をされることになったとの事です。
本日から数回にわたり、その内容を掲載させていただきます。
ご興味をお持ちの方は、リンクよりご覧ください。

=================================================================

■■ Japan On the Globe(1014)
■■ 国際派日本人養成講座 ■■

  Common Sense: 慰安婦プロパガンダには国際法で
反撃できる

「平和の回復後も、『歴史認識』問題を振りかざす
中国と韓国の行為は、国際社会のルール違反である」
■転送歓迎■ H29.07.09 ■ 51,143 Copies
■ 4,379,607Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


■1.「前政権での日本との慰安婦合意は受け入れられていない」

ドイツ・ハンブルグでの20カ国・地域(G20)首脳会議に
出席している安倍首相は、7日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)
大統領と会談したが、あらためて慰安婦問題に関する日韓合意が
くすぶり続けている様が見てとれた。

文氏は大統領選前は、日韓合意の無効や再協議を主張してきたが、
就任後は「再協議」は公言せず、「前政権での日本との慰安婦
合意は韓国人、特に被害者(元慰安婦の女性)に受け入れられて
いない。彼女たちは合意に反対している」などと語ったと
報じられている。

今回は「慰安婦問題が関係発展の障害となってはいけない」
とだけ語ったようで、日本政府が一貫して政府合意を守れ、
と主張しているのに対し、じりじりと後退を続けている。
支持者の手前、強い態度を見せたい一方で、経済・防衛問題で
これ以上、日本政府との関係をこじらせたくない、
というジレンマに陥っているようだ。

日韓合意の問題は、国家間の約束とはどのようなものか、
国際法の諸原則を理解する上での良い演習テーマである。
これを次のような企業間の契約になぞらえて、考えて見よう。

A社の製品をB社が販売する、という契約が成立し、
A社はB社に10億円分の商品を渡した。しかし、
B社の社長が替わり、「前社長が結んだ契約に、社員は
反対している」から、再交渉が必要だ、などと
言い出したとしたらどうだろう。

A社は再び、B社と交渉し直す必要があるのだろうか?
あるいは「B社が契約を守らないなら、ご破算にして
損害賠償請求する」と言うべきだろうか?


■2.政権が替わったら、国家間の合意もご破算にできるのか?

まず文氏の発言で引っかかるのは「前政権での日本との
慰安婦合意」という言い方だ。会社間の契約とは、
会社と会社の契約であって、A社社長とB社社長との
個人的契約ではない。会社間の契約だからこそ、
社長が代替わりしても、その契約は引き継がれる。

企業は「法人」であって、社長という「個人」とは
別個の存在である、というのは、近代的な法律原則で
あって、近代以前の人々にはなじみのない考え方だ。

たとえば、B社が前近代的な個人商店だったら、内部の
勢力争いに勝った新社長が「前社長は追放した。
前社長のなした約束には縛られない。文句を言うなら、
前社長に言ってくれ」と言う事もできよう。
文在寅大統領の「前政権での日本との慰安婦合意は」
という言い方は、そんな前近代的意識が感じられる。

しかし、契約が社長個人の間のものだけだと、社長が
代替わりするたびにすべての契約を結び直さなければ
ならない。逆に気に入らない契約を、社長の代替わりを
装ってご破算にしようとする悪巧みの余地も出来てしまう。

だから近代的な契約社会では、会社を仮想的な「法人」
と捉え、会社間の契約は「法人」間の契約であって、
社長が替わっても、すべての権利や義務は引き継がれる
、という事になっている。

国家も同様であって、政権が替わっても、国家間の条約は
変更できない、というのが、国際社会の原則である。
文在寅大統領が「前政権での合意は受け入れられない」
などと言うなら、日本も戦前の大日本帝国の行為に
現在の日本国の責任はない、と言えることになる。


■3.一部の国民が反対していたら、国家間合意も
反故にできるのか?

もう一つ、「韓国人に受け入れられていない」という
言い分も面白い。B社がA社との契約締結後、
「実はB社の中には、A社との契約に反対のものがいるので
、再交渉したい」などと言い出したら、どうだろう。

一つの会社の中で、いろいろな考え方の社員がいるのは
当然である。だから、B社の社員全員が賛成しなければ
、A社との契約は成立しない、などと言い出したら
、会社間の契約は不可能である。

また、B社が気に入らない契約をご破算にするために、
「一部の社員には受け入れられていない」などと強弁する
余地も出来てしまう。だから近代法では、会社を代表して
契約することのできる「代表取締役」を設けて、その人が
サインすれば、会社として合意した事とする。

A社としては、B社の代表取締役と署名を交わせば
いいだけで、B社内でどんな反対勢力がいようと、
それはB社内の問題で関係ない、ということになる。

国家間の条約も同じ事で、たとえば、60年の日米安保
条約改訂の際には、どんなに過激派が大暴れしようと、
日本国の首相がサインをしたら、それは日米間の正式な
条約として成立する。

そのために、日本国の中では、条約は国会が承認し、
天皇が公布する、というプロセスがある。韓国内にも
それに相当するプロセスがあるはずだが、それは韓国
政府内の事だ。日韓慰安婦合意は当時の岸田文雄外相と
尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が共同記者発表で
述べたもので、国際的には正式な国家間合意である。

文在寅大統領は弁護士出身ということで、当然、
こんな事は百も承知だろう。それでも、こんな事を
言い出すのは、こういう近代的な国際法に疎い日本国民と
、日本政府の間にくさびを打ち込もうという政治的魂胆
からだろう。


2017年7月21日 (金)

大阪7月の会のひふみともこ先生のお話(3)

【第2部】7月の歌斉唱

7月の歌は「たなばたさま」を皆様で合唱いたしました。


【第3部】ひふみともこ先生から書籍のご紹介 

6月に東大寺で創作狂言「大仏くらべ」が演じられました。その狂言の作者の大江孝子さんにご招待をいただきました。

奈良の男と、東大寺を訪れた鎌倉の男が、それぞれ自分の地元の大仏自慢を繰り広げるのですが、やがて互いの良さを認め合うというのがあらすじで、その絵本が発売になりましたので、紹介させていただきます。 

「大仏くらべ」の絵本につきましては↓をご覧ください。

http://aizuyaichi.or.jp/mews/1607/

「大仏くらべ」の絵本は東大寺大仏殿と東大寺ミュージアム、鎌倉・高徳院、新潟・会津八一記念館の3ヶ所で販売されています。一般の書店では販売されていないようです。

2017年7月19日 (水)

大阪7月の会のひふみともこ先生のお話(2)

今日は関東甲信、東海、近畿、中国地方が梅雨明けとなりました。暑い日々が続いていますが、皆様、お身体ご自愛ください。

それでは、先日の「大阪 ひふみのつどい」のひふみともこ先生のお話の続きを掲載させていただきます。

=====================================================

 

自分の御霊の中に神様がいらっしゃると認識することで、自分の中にも霊的能力があると分かることでしょう。特別な能力のある人が特別な修行をして得られる能力なのではありません。御霊の中にある普通の力なのです。

何故、そういう霊的能力が人に備わっているのでしょうか?

人が判断に迷ったときや、悩んだ時に御霊に問いかけることで正しい道に戻していただくことができます。

この答えは必ずしも明確な言葉で示されるわけではありません。

迷えば迷うほど、人間心で判断するとかえって深みにはまり込んでしまうのです。例えば最近インターネットで芸能人の夫婦喧嘩が公開されていますが、感情的になればなるほど、他人への恨み、自分自身の執着が増幅されてゆくのが分かります。

こういう時は周りが見えなくなっていますし、神様のご意図が分からくなってしまっているのではないでしょうか。

人間の怒りは15秒しか続かないとも言われています。早く正しい道に戻れるように、いつも自分の御霊と対話することで、自分の中には正しい道が示されるのだと気づいてほしいものです。

自己実現も大事であると思いますが、自分の金銭欲や名誉欲のためではなく、人間的な使命を取り戻すことが最も重要です。実際、仕事や家事に追われていたりするとそういう時間がとれないことはあるでしょう。

特に若いうちはあれが欲しい、これを手に入れたいと思い、それが成長の原動力になる場合もあるのですが、歳を重ねるうちに、経験からそういうものは実はあまり大したものではないと分かってきます。人間の成長というのは、魂の成長でもあります。私利私欲のための使う時間を減らすことで、魂の成長への時間が取れるようになるのです。

多くの人は目に見える「霊能力」をもてはやしますが、内なる霊的能力や神様という事を話すと、とたんにおかしなものを見るような眼でみたり、馬鹿にしたりします。しかし、このところ、科学的にも心と身体の関係は注目されており、村上和雄先生の「笑い」が遺伝子を目覚めさせるというお話や、大阪でも「大阪国際がんセンター」が「笑い」ががんに効くという実証実験を始めているという事ですが、「祈り」にも同じ力があると思います。

せっかく「霊力」を持っていても、一旦何かの権力や、お金を手に入れるとそれを失いたくない、という思いが強くなり、道を踏み外し、ついにはその力を無くしてしまいます。出会いもそれにつれて悪い縁がどんどん増えていって、最後には悪い人たちにいいように利用されて破滅してしまう、という事になります。

先日、残念ながら止まってしまいましたが、将棋の藤井翔太4段の29連勝が話題になりました。ご本人の素質はもちろんの事でしょうが、ひとつにはまだお若いのでお金のためとか、失うものが無いことによる「邪念」が無かったからではないでしょうか。

他人より優れた能力があれば、それを感謝し、いい方向に使わなければ退廃への道を歩むことになるのです。

せっかく神様が与えてくださった環境を否定して、人間心でわざと苦労するというのも正しい道ではありません。生活に困らない様な環境であるにもかかわらず、いやいやながら、わざと質素な食生活をしたとしても、それは逆効果です。また、毎日美食を続けるというのも同じです。身体が本当に欲している、喜ぶものが分かり、それを食べるようにすれば健康であり続けることができます。

「正しいもの」を正しく見分けられるように、清い魂にしておかなくてはなりません。正しい希望が自然と持てるように、分かるようになるには、常に感謝し、謙虚でなければなりません。

そうすれば色々な苦労や災難にあったとしても、自分自ら神様からいただいている答えを正確に理解し、実践しなければなりません。それを繰り返すことで、本当の「霊的能力」を手に入れることができるのです。

自分で求めず、考えす、他人に答えを求める人は、自分に都合のいい答えを求めて色々なところを渡り歩きます。そして他人にすがり縋り続けることになります。すがることも一つの執着になります。

外に答えを求めるのではなく、自分自身の中の「神様」に答えを見つけだせることが、本当の「霊的能力」なのです。その力を「畏れよ」とありますが、怖がりなさいという意味ではありません。謙虚に自分を謹んで、しかし自分からそれを求めてゆく、近づいてゆく努力をしなければなりません。

その力をもっと欲しいというのは邪欲です。しかし、その力に近づく努力も必要です。今、生きていることを尊び、感謝しながら自分の中の霊性に目覚めてください。

 

2017年7月17日 (月)

大阪7月の会のひふみともこ先生のお話

皆様

今日は東京でも35度を超え、今年初の「猛暑日」となりました。一方、ゲリラ豪雨や雷雨も地方によっては被害が発生しています。
皆様にはご平安にてお過ごしされますよう、お祈りいたします。

さて、大変遅くなりましたが、7月8日の「大阪 ひふみのつどい」でのひふみともこ先生のお話の要約が出来ましたので、数回に分けて掲載させていただきます。
大阪の会のイメージ写真を載せよう、載せようと思いながら、いつも忘れてしまっています。次回は忘れないようにどなたかにお願いしようと思います・・・・・

=========================================================

平成2978日 大阪ひふみのつどいの要約

本日も九州地方で大雨が原因の災害が続いています。これ以上の被害がありませんように、難儀に会われた皆様の一日も早いご回復をお祈りしております。

【第1部】 霊的能力について

霊能力者というとスプーンを曲げるとか、一般の人には見えない色々なものが見える、聞こえるという特別な人を想像されるかもしれませんが、本日はそのような特別な力ではない、人ならば皆が持っている「霊的能力」についてお話をさせていただきます。

この神様からのお言葉ですが、いつも本題に入る前に、この部分を読むにあたっての心構えや神様の想いというものが初めの56行に書かれています。

人間は私利私欲ではない高い望みを持ち、それに向かって進んでいかなければなりません。それを行うにあたり、神様の願いを実現するのだという思いをもって進めば、何も心配したり、疑問に思ったりする必要はありません。神様が全てお導きくださいます。

ただ、「素直に自分の置かれた状況を受け入れる」ということは言葉通りにとらえて、いつもその状況を甘受する、という事ではありませんので、注意が必要です。

物事が進まなくても努力をせずに「神様のご意図なので仕方がない」とあきらめたり、「棚から牡丹餅」という言葉がありますが、宝くじが当たるように物質的な利益を得た場合に、「神様のご意図なので何をしてもいいのだ」と勝手に解釈してしまう。人間はこのように誰かのせいにすることで、自分の責任を回避しがちです。

今やっていることが神様のご意図に沿うものなのかどうなのか、自分に起こっている出来事は神様がどういうご意図で起こしてくださっているのか、それを正しく見極めることが必要です。自分の望みが私利私欲なのか、神様のご意図に沿ったものなのか、それを理解すること、そこでの自分の行いが正しいかどうかを常に求めてゆくことで、自分の魂が磨かれていくのです。

どうすれば霊感が持てるのだろう、と思う人は多いでしょう。しかし、それは単なる低俗な好奇心なのです。例え何かが見えたり、写真に写ったりしたとしても、それを周りに吹聴することで、かえって低俗な邪霊に使われる存在になってしまいます。

今回の神様のお言葉はそのような好奇心に応えるためのものではないと、初めに神様はおっしゃっています。

 

人という存在は本来は神様の「分け御霊」をいただいていますので、もともとすべての人が霊的な能力を持っています。

以前、東京の湯島天満宮の権禰宜の小野様がお話になられていましたが、「人は皆、神様の魂を持っています。しかしすぐにそれは穢れてしまうのです。毎日、「大祓の言葉」を奏上しているとそれが清められ、心の穢れを防ぐことができます。2年間も上げていると覚えられます。」との事でした。

私が気仙沼で慰霊をするときに、ご一緒に来て下さる岩手県県庁の方は10年以上、出羽三山で修験道の修行をされていますが、慰霊の前に祓の言葉を上げられています。

「神から人へ」「神誥記」の神様からのお言葉を読んでいただいても同じ効果があると考えています。

2017年7月 9日 (日)

大阪7月の会が終了いたしました

皆様

おかげさまで昨日(8日)、大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」を無事に終了させていただきました。梅雨のさなかで、お天気が気になっていたのですが、逆に暑いくらいの一日で、14名の方々にご参加いただく事が出来ました。
本当にありがとうございました。

次回の「大阪ひふみのつどい」は9月3日(日曜日)の開催となります。
曜日がいつもと異なりますのでご注意ください。

昨日の教材は「霊的能力について」↓でした。

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-429c.html

ひふみともこ先生のお話の内容につきましては、後日、本ホームページにアップさせていただきますので、今少し、お時間をいただけますようお願いいたします。

2017年7月 6日 (木)

大阪7月の会が近づいてまいりました

皆様

今回の山陰、九州の大雨の被害に会われました方々に心よりお見舞い申し上げます。
まだ、雨は続きそうだと報道されています。
これ以上のお障りがありませんように、お祈りいたしております。

実は、私も4日、5日と島根県に出張しており、浜田市からの高速バスや鉄道が運休となったため、2日がかりで自宅まで戻ってきました。
今は自宅で全国版のニュースから情報を得ているのですが、ローカル放送ではずっと河川の氾濫や土砂崩れのニュースが流れており、人間の無力さをひしひしと感じました。

さて、今週の土曜日(7月8日)は大阪 難波神社様での「ひふみのつどい」の開催日です。
いつものように13時30分頃開場、17時ころ終了の予定です。
当日の教材は事務局でプリントを準備しておりますので、特にお持ちいただくものはございません。申し訳ございませんが、会場費と正式参拝のお玉串料として2,000円をいただいております。
今のところ、お天気は小康状態という予報ですが、急変することもございますので、皆様ご無理をなされませんように。
それでは、当日、会場にてお待ちいたしております。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »