2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020年9月22日 (火)

9月12日のひふみともこ先生のお話

皆様

大変遅くなりまして申し訳ありませんが、先日の大阪 ひふみのつどいでのひふみともこ先生のお話の要約ができましたのでまた、数回に分けまして掲載させていただきます。

今回の教材は「コロナウイルス」についてとなっております。神様からのお言葉につきましては公式ホームページ

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-d6b927.html

をご覧ください。

====================================================

令和2912日 コロナウイルス

本当に久しぶりの大阪での開催ですが、皆様のお元気そうなお顔が拝見できて、大変うれしく感じます。前回の会の開催時には予想だにしなかったコロナウイルスの猛威により、世界中が大きな混乱に巻き込まれました。

実態としては日本では他国に比べると死者の数も少なく、現在の状態ではマスコミもそれほどあおらなくてもいいだろうと思うのですが、この災厄には、やはり何か意味があるのだろうと考えます。

コロナウイルスに限らず、今年の夏の暑さなど地球全体がおかしくなってきています。いろいろな危機に不安になり、それをあおるマスコミの行動は行き過ぎてしまっていると思いますが、それに踊らされずにしっかりと自分をもって進んでください。 

 

コロナウイルスは、現在乱れており狂っている軸を正しい軸に戻しているんだ、とスピリテュアルな人たちの間ではかえっていいことだと言われているとも聞きます。

この地球の乱れの原因は一つではありませんが、その一つの結果が、コロナウイルスというものだという考え方です。

祈りの研究をされている方々によると、祈りは言葉だけではなく、祈るという行為そのものに本当に効果があるということです。この説は科学的に検証はなされていないようですが、人の思いがコロナウイルスという形で進化の過程の一つとしてあらわれ、人間の科学や思想に影響して進歩に導いてゆくという考え方もあるようです。

感染者数は東南アジアでは欧米に比べると少ないものです。この理由は諸説ありますが、日本はコロナ発生後すぐに国を封鎖せず、そのために免疫力が国民にできて死者が増えなかったのだという意見もあります。もちろん日本人の清潔感などの要素は大きいと思います。そうだとすると、意識の高さも見えない免疫力、抵抗力になったのかもしれません。過去からの人類が生きてきた土地、平和に暮らしてきた土地、戦いのあった土地などの思いがコロナウイルスの進化に影響しているのかもしれません。このままいくと人類が増え続け、汚染が進み、食べ物はなくなり、考え方は退化してゆくと危惧しています。自分勝手な思いではなく、こういう時であるからこそ、みんなで助け合っていかねばなりません。 

先日、出羽三山に風力発電を作るという話がもちあがったと聞きました。出羽三山というのは修験道の聖地のひとつで、そこに高さ180メートルの風力発電を40基もつくるという計画のようです。多くの人が反対し、署名を集めて運動し、互いに協力をしたおかげで、想像以上の反対意見が集まり、白紙撤回ということになりました。今後も永遠に作らないという保証はないのですが、そうならないようにこれからも目を光らせていかなければなりません。

そもそも、現在の生活を維持するために、風力発電所をつくる、そのために聖地を汚すという考え方自体がおかしいものです。風力発電の機械を据え付けるために、大地を削り、木をも切り倒す。建てた後もそのメンテナンスのために物資を運んだりするために道路を作る、など非常にたくさんのことを考えなければなりません。おそらく、自分たちの儲けだけを考えている人たちが多いのでしょう。

2020年9月13日 (日)

大阪9月の会が終了いたしました

皆様

おかげさまで昨日(12日)、大阪ひふみのつどいを無事に終了させていただきました。なんと約10ケ月ぶりの開催だったのですが、14名の方々にお集まりいただくことができました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとございました。

次回の開催は12月12日(土曜日)を予定しておりますが、コロナやインフルエンザの状況を見て、本ホームページでお知らせいたします。

今回は大祓祝詞などのご唱和も省略させていただき、短縮版とさせていただきましたが、第2部ではひふみ先生のご近況などもお話しいただき、中休みには5冊目のご本の表紙カバーのデザインの投票会を開催させていただきました。

5satsume

現在、発行に向けて全力投球しておりますので、今少しお時間をいただけますようお願いいたします。

2020年9月11日 (金)

明日はどうぞよろしくお願いいたします

皆様

 

明日は半年ぶりの大阪ひふみのつどいとなります。

コロナ対策で色々と考えたのですが

・正式参拝は通常通り行います

・手指の消毒剤は準備いたします

・マスクのご着用はご協力をお願いいたします

・大祓祝詞、国歌、三大神勅の唱和は省略させていただきます。(いろは祝詞、ひふみ祝詞のみご一緒に唱和させていただきます)

・休憩時の湯茶、お菓子も控えさせていただきます

・直会はございません

と考えております。

この情勢ですので、皆様ご参加にはご無理をなされませんように。

といいながら、皆様のお越しをお待ちいたしております。

2020年9月 4日 (金)

9月12日(土)の大阪の会は開催いたします

皆様

あっという間に夏も終わってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

9月の会の開催についてはかなり迷ったのですが、冬もどうなるかわからない状況ですので思い切って開催させていただくことにいたしました。

コロナがまだ収束している状態ではありませんので、短縮版で考えておりますが、いつものように難波神社様で13時30分開場、14時から正式参拝となります。終了は16時を予定しております。

いつもは皆様からいただいたお菓子をお分けさせていただいたり、お茶も準備しているのですが、それも省略させていただくことになると思います。

また、お越しの際にはマスクのご着用もお願いいたします。

お手数をおかけいたしますが、情状ご理解いただき、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2020年5月30日 (土)

6月の大阪の会は中止させていただきます

皆様

直前のご連絡となりまして申し訳ありません。

6月13日(土)に大阪 難波神社様にて開催を予定しておりました「大阪ひふみのつどい」ですが、コロナ禍の影響を鑑み、3月に引き続き中止をさせていただく事になりました。
非常事態宣言も解除され開催は前向きに検討していたのですが、九州ではまたクラスター感染らしきものが発生しており、会場での三密の可能性や、ご参加してくださる方の中には高齢の方もいらっしゃるということなどから、6月も中止やむなしと判断いたしました。
6月の会を楽しみにしていただいていた皆様、また色々と励ましのお言葉をいただきました皆様、本当に申し訳ありませんでした。

次回の開催は秋になってしまいますが
9月12日(土)
を予定しております。
秋には無事に開催ができますように切に願っております。

2020年5月 4日 (月)

昨年のゴールデンウィーク

皆様

ゴールデンウィークとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

遠い昔のような気がしますが、昨年のゴールデンウィークは平成から令和にかわるお祝いムードで、それなりに盛り上がっていました。それから1年もたたないうちに世界中がこのような状況に陥ってしまいました。

コロナウイルスにより亡くなられた方々、感染された方々、またコロナウイルスの余波で休業を余儀なくされた皆様の事を考えますと、本当に胸が痛みます。ほとんどの国民がなんらかの影響を受けており、皆それぞれに悩みを抱えておられる事でしょう。

今、自分に何ができるのか。何をなすべきなのか。

ともすれば自分が被害者である、という意識になりがちですが、やはり日本人としての「志」をもってこの状況に臨まなければならないのだと思います。

私は医療従事者の方々がマスクもない状況でウイルスと闘っておられることを聞いて、手作りマスクを作って寄付しようとして妻に止められました・・・・・考えてみたら当たり前ですが、どんなところで作っているかわからないものを使う医療機関はないですよね。もう少し冷静になって考えないとダメですね。

また、私事情ですが、情報システム部門を担当している身としては、2月以降、在宅勤務の促進でずっと嵐のような日々を送っています。会社は在宅勤務だ、と言えばいいのですが、その裏では情報システム部門の血と汗と涙の努力があるのです。(情報システム部門の皆さん、これだけはちょっと言いたいですよね!)

2020年4月 1日 (水)

コロナウイルス禍についての神様のお言葉

皆様

コロナウイルスの蔓延について、連日、悲惨なニュースが飛び交っています。

非常事態宣言が明日発令されるというような噂も聞かれます。(政府は否定していますが・・・)

何かホームページに書こうとしても、何を書いていいのか分からない、何も書けない、という日々が続いていました。

 

本日、ひふみともこ先生からコロナウイルスについての神様のお言葉をお送りいただきましたので、公式ホームページに掲載させていただきました。

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

 

恐れるな。

しかし真摯に受け止め、平常心をもって、今こそ助け合うように。

 

ぜひ、ご一読ください。

 

 

2020年3月11日 (水)

大阪3月の会は中止させていただきます

皆様

急のご連絡で申し訳ございませんが、3月28日(土)に予定しておりました大阪 ひふみのつどいはコロナウイルスの終息の見込みがありませんので、やむなく中止させていただきたく存じます。

ご予定いただいておられました皆様に、深くお詫び申し上げます。

現時点では6月の会は開催させていただく予定ですが、今後の社会状況によりこちらも開催を見合わせていただく場合もございます。

また、予定につきましては本ホームページにてお知らせさせていただきます。

(尚、翌日に予定されておりました京都のひふみのつどいも中止となっております。)

 

2020年2月 2日 (日)

新型肺炎

皆様

すっかり更新が滞っておりまして、申し訳ありません。このところ、国内、海外と出張が続き、ご本の発送とお問い合わせへの回答だけで手一杯の状況が続いています。先週はタイに出張でした。

新型肺炎についてはそれなりに取り上げられてはいたものの、まだ街中にマスクはありましたので、ちょっと上等のマスクと消毒剤を買って、それでも関空ではできるだけ人と接しないように気をつけて出国しました。

タイ(バンコク)でも日本と同様、マスクをしている人が半分くらいの状態でした。日本人だ、というと急に安心されたりしてかなり神経質になっているようでした。
帰国したら日本にもマスクは売り切れており、事の重大さに改めて気づかされました。

前回のSARS流行が2002-2003年でしたので、それから18年して同じような疫病の流行となりました。阪神・淡路大震災と東日本大震災も17年くらいの間隔だったと思います。

今回も中国の発表・対応が後手後手に回り、世界から非難を浴びていますが、これは喉元を過ぎればすぐに何でも過去のものとして忘れてしまう私たちへの神様からのメッセージではないかと感じました。病気でも、地震でも、私たちは危難を糧として目覚めなければならないのでしょう・・・・・

2020年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます

Ema2020

皆様

明けましておめでとうございます。

昨年は最後までばたばたしていて、年末のご挨拶もできませんでした。昨年は多くの皆様にお世話になり、大変ありがとうございました。

本年もひふみのつどいをどうぞよろしくお願いいたします。

本年の開催予定は

3月28日(土)
6月13日(土)
9月12日(土)
12月12日(土)

で会場はいずれも難波神社様となります。本年も皆様とお目にかかれますことを楽しみにしております。

お正月は日本では一年で最大のイベントなのですが、海外は1月1日だけが祝日で、今日は普通の木曜日です。いま、グローバルプロジェクトを担当しておりまして、今日が中国のシステムの初回本稼働日でした。現時点では何事もなく、安定しているのですが、さて、これからもあと2ヶ国続きますのでどうなることやら。年末にいただいたおみくじが「大吉」だったので、これを心の支えにして頑張りたいと思います。

«11月16日のひふみともこ先生のお話(続き)